大人の結婚観と若い世代の結婚観の違い

スポンサーリンク

大人(40歳以上)と若い世代とでは結婚観は大きく違ってくる。40歳以上の年代は結婚はすべきものという考えの元教育を受けてきている。しかし40歳未満、特に30歳未満の世代は徐々に結婚は出来ればするものという事になってきている。つまり結婚は難しいものという考え方になってきていると言える。

  • 40歳以上=結婚はすべきもの
  • 30歳未満=結婚は難しいもの

しかし、結婚が本当に難しいのは40歳以上であるが30歳未満の人ななぜ結婚は難しいと考えるのか、それはお金の問題だ。

40代で結婚を難しいと考える人もいて、その人達に話を聞くと結婚して養っていく自信がないと答える人もいる。若い世代の人に聞いても同じ答えが返ってくる場合も結構ある。

結婚と言えば幸せなイメージがあったものだがここ数年は結婚というものに暗いイメージが出来つつあるのも事実だろう。

ウェデイングドレス

結婚は幸せかどうか?

婚活をしている人を対象に1994年と2010年に「幸せな人生にとって、結婚は欠かせないもの?」というアンケートを行った結婚相談所があった。結果は男女で異なるものの合わせてみると、1994年で「幸せな人生にとって、結婚は欠かせないもの」と応えた人の割合が63.5%だったのに対して2010年では51.5%となっていた。16年間で10%以上も「幸せな人生にとって、結婚は欠かせないもの」とは思わなくなっているのだ。

1994年に婚活をしている人が主な対象だから恐らくは20代後半から30代前半が多いだろう。つまり今は40代になっている人がメインとなっていると推測出来る。

つまり統計的に見ても結婚=幸せと思わないと若い世代ほど思っている事にもなる。

  • 40歳以上=結婚は幸せなものと考える人の方が多い
  • 30歳前後=結婚は幸せなものと考える人は半数しかいない

この傾向は今の社会のままであればより強くなっていくのであろう。そして少子高齢化の問題は更に深刻化していく事になる。

女性の方が結婚に幸せを見出していない?

また上記のアンケートの結果は下記の通りだ。

サンマリエ 結婚は幸せかのアンケート結果

出典:http://msn1.sunmarie.com/konkatsu/ank/konkatsu009.html

面白いと思ったのが男女の違いだ。てっきり女性よりも男性の方が結婚=幸せと思っていないという状態だと思っていたが逆で女性の方が結婚=幸せでは無いと考えている人が減っているのだ。17%とも減っているのには驚いた。

これが現実なのだ。

男性よりも女性の方が現実的だとよく言われるがその通りであるのなら結婚に幸せを見出していない女性が増えているのだから少子高齢化となるのも致し方ない部分はあるのだろう。国は完全に方針を間違えたのだ。

もし、40歳以上の人で今10歳以上年下の恋人がいる人には参考になるのではないだろうか?

おすすめ記事

婚活疲れを感じたら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ情報

おすすめサイト情報

脚やせ or お腹やせ スタンダードコース | エステティックTBC
夏までに痩せたい!という方に朗報!通常18600円の脚やせorお腹痩せのコースが83%OFFの3000円!

月々2000円で婚活出来る!|恋愛・結婚情報 サービス エンジェル
キャンペーン中なら月々の費用は2000円のみ!一番気楽に始められるネット婚活サイトならエンジェルです。

ミクシィグループのYYC - 日本最大級の出会い応援サイト
日本最大級のマッチングサイトYYC、累計会員数1000万人以上の方にご利用いただいているオンラインマッチングサービスです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です