大人の恋愛法則 視野を広く持つ事が重要

スポンサーリンク

大人の恋愛法則として知っておいて欲しいのが、視野を広く持つという事だ。10代や20代の時は大好きな人と付き合いたい!と思う事が多いだろう。もちろん大人になってもその考え方がいけない訳では無い。

ただし、顔等の外見や第一印象だけで決めてしまわず視野を広くもって欲しい。

カップルの写真

第一印象だけで決める事の危険性

婚活パーティーやお見合いの席で最低限の身だしなみが出来ていないのは論外ではあるが、あくまでも身だしなみだけを判断材料にはして欲しい。

婚活パーティーやお見合いパーティー、街コン等で初めてあった異性に対して恐らく「この人はアリ・この人はナシ」と「アリ・ナシ」を行っているだろう。しかし、これは本当にそれで良いのだろうか?

大人になるにつれて外見よりも内面を評価するようになると言われているが結局は最初の第一印象で「アリ・ナシ」というフルイにかけてから判断をしている事が実際には多い。結果、いつまでも相手が見つからないという人も少なくは無い。

婚活パーティーや街コン以外でも、異性の出会いで最初に「アリ・ナシ」を考えてしまう人も多いだろう。

実はこれは物凄いもったいない事であるし、危険性を持っている。

というのも、第一印象がよく無くても実は話してみたらこの上なく楽しいと思うかもしれないし、この上なく価値観が一致するかもしれない。

こういう機会を減らしてしまっている可能性があるのだ。

だから「アリ・ナシ」で始めるのではなく、話してから「アリ・ナシ」を考えるのが良いだろう。

つまり視野を大きくもって欲しいという事だ。

好きすぎても上手くいかない大人の恋愛法則

大人になればいろいろなシガラミが出てくる。一番多いのは仕事だろう。そして家族。他にもいろいろなシガラミが出てくる。そのシガラミを無視して生活する事は物凄く難しいだろうし、場合によっては人間らしくない時もある。

しかし、好き過ぎる人を見つけた時にあまりにも相手の事を顧みないで交際を迫った場合、相手のシガラミを無視する事もある。老いらくの恋は危険だと言われるが大人になってから好き過ぎる人が出来て上手くいった場合、恐らくその恋愛は短命に終わるだろう。

というのも相手のシガラミや気持ちを考えられないからだ。

ゆっくり恋愛を育てて行くのも大人の恋愛

好き好きで迫るよりも、この人良いかも・・・と何となく思って付き合いだした方がゆっくりと恋愛を育てていく事が出来る。ゆっくりだから相手のシガラミを考えないという事もなくなる。結婚後も上手く行くだろう。

特殊な環境下で芽生えた恋愛感情は長く続かないと言われているが、ゆっくりと恋愛を育てていく場合は比較的上手くいく事が多い。

視野を広げよう

第一印象だけで決めたり、相手の事を考えずに好き好き攻撃を行うのではなく大人なら視野を広げてゆっくりと恋愛を考えて欲しい。

ただし、アラフォー、40代ともなった場合はゆっくりしすぎていても問題だ。この点の見極めはきちんと行って欲しい。

おすすめ記事

婚活疲れを感じたら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ情報

おすすめサイト情報

脚やせ or お腹やせ スタンダードコース | エステティックTBC
夏までに痩せたい!という方に朗報!通常18600円の脚やせorお腹痩せのコースが83%OFFの3000円!

月々2000円で婚活出来る!|恋愛・結婚情報 サービス エンジェル
キャンペーン中なら月々の費用は2000円のみ!一番気楽に始められるネット婚活サイトならエンジェルです。

ミクシィグループのYYC - 日本最大級の出会い応援サイト
日本最大級のマッチングサイトYYC、累計会員数1000万人以上の方にご利用いただいているオンラインマッチングサービスです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です